「イトイヌノヒゲ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
= イトイヌノヒゲ ''Eriocaulon'' ''decemflorum'' Maxim. var. ''nipponicum'' (Maxim.) Nakai=
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[イトイヌノヒゲ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
  
ホシクサ科
+
= イトイヌノヒゲ ''Eriocaulon decemflorum'' Maxim. var. ''nipponicum'' (Maxim.) Nakai=
  
 +
== シノニム ==
 +
* ''Eriocaulon decemflorum'' Maxim.([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]]で採用.)
 +
 +
=== その他 ===
 +
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 単子葉植物綱 Monocotyledoneae
 +
> [[ホシクサ科|ホシクサ科 Ericoaulaceae]]
 +
> [[ホシクサ属|ホシクサ属 ''Eriocaulon'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
* 吉備高原面の湿原で,とくに開水面にミミカキグサ属などとともに生育する.
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 
  
 +
=== 花期 ===
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
== 慣用名==
+
== 標本 ==
 +
* 東広島市下三永(yy-7598),広島市鎌倉寺山(yw-160),府中町水分峡(zt-1046),黒瀬町大多田(mt-8152),福富町野路山(mt-9395),呉市灰ヶ峰(mt-9783),総領町清替屋(yw-8522),熊野町呉地(mt-12758),大野町中津岡川(yy-12016),三次市神杉(yy-12858),極楽寺山(km-5420),大竹市谷和(rn-6236),福富町下竹仁(rn-8675),大和町下徳良(sf-2357),世羅西町六反田(ns-313),甲山町小世良(ns-2032),福山市川谷(sf-1736),久井町江木(sf-1928),大朝町(ms-43),芸北町八幡(yy-8070),比婆山(yh-842)
  
 +
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
 +
* コイヌノヒゲ
 +
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 65260
 
* 環境庁コード: 65260
 
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
* 河毛(1974),土井(1983),府中町生物実態調査団(1988),関ほか(1994),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
 +
* コイヌノヒゲとして文献:呉市教育委員会(1970),関ほか(1975),関ほか(1983b),山下(1988)
 
----
 
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 +
[[Category:植物]]
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:E]]
 +
[[Category:イ]]
 +
[[Category:コ]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:単子葉植物]]
 +
[[Category:ホシクサ科]]
 +
[[Category:標準和名]]
 +
[[Category:ブルーリスト]]

2016年11月27日 (日) 10:53時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イトイヌノヒゲ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

イトイヌノヒゲ Eriocaulon decemflorum Maxim. var. nipponicum (Maxim.) Nakai

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ホシクサ科 Ericoaulaceae > ホシクサ属 Eriocaulon

解説

  • 吉備高原面の湿原で,とくに開水面にミミカキグサ属などとともに生育する.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東広島市下三永(yy-7598),広島市鎌倉寺山(yw-160),府中町水分峡(zt-1046),黒瀬町大多田(mt-8152),福富町野路山(mt-9395),呉市灰ヶ峰(mt-9783),総領町清替屋(yw-8522),熊野町呉地(mt-12758),大野町中津岡川(yy-12016),三次市神杉(yy-12858),極楽寺山(km-5420),大竹市谷和(rn-6236),福富町下竹仁(rn-8675),大和町下徳良(sf-2357),世羅西町六反田(ns-313),甲山町小世良(ns-2032),福山市川谷(sf-1736),久井町江木(sf-1928),大朝町(ms-43),芸北町八幡(yy-8070),比婆山(yh-842)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • コイヌノヒゲ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 65260

文献(出典)

  • コイヌノヒゲとして文献:呉市教育委員会(1970),関ほか(1975),関ほか(1983b),山下(1988)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる