「イワタケ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(同じ利用者による、間の22版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[地衣類|地衣類]] > [[地衣類/分類|地衣類の分類]] > [[イワタケ]] | [[地衣類/和名順/ブロック|和名順]]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[地衣類|地衣類]] > [[地衣類/分類|地衣類の分類]] > [[イワタケ]] | [[地衣類/和名順/ブロック|和名順]] / [[地衣類/学名順/ブロック|学名順]] </span>
  
 +
[[ファイル: 20200424イワタケ_廿日市市宮島町_松坂撮影_P4240040s.JPG|200px|thumb|right|イワタケ(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 松坂啓佑, Apr. 24, 2020)]]
  
=イワタケ ''Umbilicalia esculenta''=
+
=イワタケ ''Umbilicaria esculenta''=
  
 
==シノニム==
 
==シノニム==
8行目: 9行目:
  
 
==分類==
 
==分類==
子嚢菌門
+
子嚢菌門 ASCOMATA
> チャワンタケ亜門
+
> チャワンタケ亜門 Pezizomycotina
> チャシブゴケ綱
+
> チャシブゴケ綱 Lecanoromycetes
> イワタケ目
+
> イワタケ亜綱 Umbilicariomycetidae
 +
> イワタケ目 Umbilicariales
 +
> イワタケ科 Umbilicariaceae
 +
> イワタケ属 ''Umbilicaria''
 +
> イワタケ ''Umbilicaria esculenta''
 +
 
 +
===旧分類===
 +
子嚢菌類
 +
> レカノラ目
 
> イワタケ科
 
> イワタケ科
 
> イワタケ属
 
> イワタケ属
> イワタケ ''Umbilicalia esculenta''
+
> イワタケ
  
 
==解説==
 
==解説==
 +
*冷温帯や暖温帯の低山帯の石英質の露岩上に着生する.
 +
*地衣体は葉状で単葉.背面は灰褐色.腹面は黒色で中央に臍状体があり,これで基物に着生する.偽根は分枝する.粉芽・裂芽を欠く.
 +
*共生藻は緑藻.
  
 
==分布・産地・天然記念物==
 
==分布・産地・天然記念物==
 
===分布===
 
===分布===
*日本国内では,…
+
*国内では北海道,本州,四国,九州.
*海岸林、アカマツ二次林からブナの原生林までいろいろなタイプの森林に出現する.
 
  
 
===産地===
 
===産地===
===天然記念物===
+
*宮島,三段峡
 +
 
 +
===天然記念物・RDB===
 +
*広島県RDBカテゴリ(2011):絶滅危惧II類(VU)
  
 
==標本==
 
==標本==
30行目: 44行目:
  
 
==文献(出典)==
 
==文献(出典)==
*堀川ほか(1959),関ほか(1975),土井(1983),吉野(1989),関ほか(1994),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
+
*黒川(1959),中西ほか(1975,1979,1983),岡本ほか(1990),生塩(1982),佐藤月二(1939),Sato(1956),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
 
==備考==
 
==備考==
*
+
*[[広島県の地衣類/旧分類|広島県の地衣類(広島県植物誌 1997)]] / [[広島県の地衣類/新分類|広島県の地衣類(新分類)]]
 +
*[[宮島の地衣類/旧分類|宮島の地衣類(厳島の自然 1975)]] / [[宮島の地衣類/新分類|宮島の地衣類(新分類)]]
  
==引用文献==
+
==参考文献==
 
*山本好和.  2017.  「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 630種 - 携帯版.  310 pp.  三恵社, 名古屋.
 
*山本好和.  2017.  「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 630種 - 携帯版.  310 pp.  三恵社, 名古屋.
 
*山本好和.  2018.  「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 日本産地衣類の分類体系と地衣類チェックリスト Taxonomic Systematics & Checklist of Japanese Lichens 2018 - 2018.86 pp.  地衣類ネットワーク,寝屋川市.
 
*山本好和.  2018.  「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 日本産地衣類の分類体系と地衣類チェックリスト Taxonomic Systematics & Checklist of Japanese Lichens 2018 - 2018.86 pp.  地衣類ネットワーク,寝屋川市.
 +
*吉村 庸. 1974. 原色日本地衣植物図鑑. 349 pp. 保育社, 大阪.
  
---
+
----
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[地衣類|地衣類]] > [[地衣類/分類|地衣類の分類]] > [[イワタケ]] | [[地衣類/和名順/ブロック|和名順]]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[地衣類|地衣類]] > [[地衣類/分類|地衣類の分類]] > [[イワタケ]] | [[地衣類/和名順/ブロック|和名順]] / [[地衣類/学名順/ブロック|学名順]] </span>
  
 
[[Category:地衣類]]
 
[[Category:地衣類]]
53行目: 69行目:
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:宮島]]
 
[[Category:宮島]]
 +
[[Category:RDB]]

2020年6月24日 (水) 00:15時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 地衣類 > 地衣類の分類 > イワタケ | 和名順 / 学名順

イワタケ(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 松坂啓佑, Apr. 24, 2020)

イワタケ Umbilicaria esculenta

シノニム

その他

分類

子嚢菌門 ASCOMATA > チャワンタケ亜門 Pezizomycotina > チャシブゴケ綱 Lecanoromycetes > イワタケ亜綱 Umbilicariomycetidae > イワタケ目 Umbilicariales > イワタケ科 Umbilicariaceae > イワタケ属 Umbilicaria > イワタケ Umbilicaria esculenta

旧分類

子嚢菌類 > レカノラ目 > イワタケ科 > イワタケ属 > イワタケ

解説

  • 冷温帯や暖温帯の低山帯の石英質の露岩上に着生する.
  • 地衣体は葉状で単葉.背面は灰褐色.腹面は黒色で中央に臍状体があり,これで基物に着生する.偽根は分枝する.粉芽・裂芽を欠く.
  • 共生藻は緑藻.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 国内では北海道,本州,四国,九州.

産地

  • 宮島,三段峡

天然記念物・RDB

  • 広島県RDBカテゴリ(2011):絶滅危惧II類(VU)

標本

文献(出典)

備考

参考文献

  • 山本好和. 2017. 「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 630種 - 携帯版. 310 pp. 三恵社, 名古屋.
  • 山本好和. 2018. 「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 日本産地衣類の分類体系と地衣類チェックリスト Taxonomic Systematics & Checklist of Japanese Lichens 2018 - 2018.86 pp. 地衣類ネットワーク,寝屋川市.
  • 吉村 庸. 1974. 原色日本地衣植物図鑑. 349 pp. 保育社, 大阪.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 地衣類 > 地衣類の分類 > イワタケ | 和名順 / 学名順