エビモ

提供: 広島大学デジタル博物館
2023年12月4日 (月) 20:56時点におけるTArimura (トーク | 投稿記録)による版 (→‎文献(出典))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > エビモ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

エビモ(広島県東広島市西条町田口; 撮影: 有村拓真, Nov. 13, 2023)
エビモ(広島県東広島市西条町田口; 撮影: 有村拓真, Nov. 13, 2023)

エビモ Potamogeton crispus L.

シノニム

その他

分類

維管束植物門 Tracheophyta > 種子植物亜門 Spermatophytina > 被子植物上綱 Angiospermae > モクレン綱 Magnoliopsida > ユリ上目 Lilianae [= Monocotyledones 単子葉植物] > オモダカ目 Alismatales > ヒルムシロ科 Potamogetonaceae > ヒルムシロ属 Potamogeton

旧分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ヒルムシロ科 Potamogetonaceae > ヒルムシロ属 Potamogeton

解説

  • 全草淡黄色で草長が1-3mに達するときもある. 河川では流れが緩やかな水域で生育している.
  • 水中茎は楕円型. 水中葉は長さ4-10 mmほどで幅4-10 cm. 葉脈は3本あり中央脈が最も顕著である. 托葉は薄膜で鈍頭である.

花期

  • 4-8月

分布・産地・天然記念物

分布

  • 全国の湖沼, ため池及び河川の浅水中に群生する.

産地

  • 東広島産

天然記念物

標本

  • 福山市中津原(yy-9711),安浦町内海(yy-9715),黒瀬町水神(yy-7490),広島市鳥井原(yy-3161),総領町中瀬(yw-8769),三良坂町室谷(kk-1068),吉舎町安田(ts-110589),熊野町萩原(mt-15111),神辺町片山(sf-5381),東広島市下見(ms-5252)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 60800

文献(出典)

参考文献

  • 大滝 末男. 1980. 日本水生植物図鑑. 318 pp. 北隆館, 東京.
  • 下田 路子. 1987. 西条盆地(広島県)の溜池の水草. 水草研会報 29: 5-7.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > エビモ | 広島県の植物図鑑 / 和名順