「オオヨツスジハナカミキリ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
3行目: 3行目:
 
[[ファイル: 20200716オオヨツスジハナカミキリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130623s.jpg|200px|thumb|right|オオヨツスジハナカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 16, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200716オオヨツスジハナカミキリ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_130623s.jpg|200px|thumb|right|オオヨツスジハナカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 16, 2020)]]
  
=オオヨツスジハナカミキリ=
+
=オオヨツスジハナカミキリ(広島大学東広島キャンパス)=
 
==和名==
 
==和名==
 
*[[オオヨツスジハナカミキリ]]
 
*[[オオヨツスジハナカミキリ]]

2020年9月4日 (金) 17:02時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オオヨツスジハナカミキリ

オオヨツスジハナカミキリの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 16, 2020)

オオヨツスジハナカミキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Macroleptura regalis

分類

  • カミキリムシ科 Cerambycidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,利尻島,屋久島.国外では樺太,朝鮮半島.

解説

  • 低山地から山地に生息する大型のハナカミキリ.
  • 成虫は7月から8月に出現し,リョウブなどの花に集まる.
  • 幼虫は各種の針葉樹の腐朽木をエサとする.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 鈴木 知之・斉藤 博. 2017. 新カミキリムシハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オオヨツスジハナカミキリ