オグラノフサモ

提供: 広島大学デジタル博物館
2011年1月6日 (木) 11:58時点におけるHirahara (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > オグラノフサモ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

オグラノフサモ Myriophyllum oguraense Miki

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アリノトウグサ科 Haloragaceae > フサモ属 Myriophyllum

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,西条盆地に稀に分布.

産地

天然記念物

標本

  • 東広島市下見(ms-3086)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁RDBカテゴリ: 絶滅危惧II類(VU)
  • 環境庁コード: 38220

文献(出典)

  • 下田(1995),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる