オツネントンボとホソミオツネントンボの見分け方

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年1月14日 (金) 19:08時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オツネントンボとホソミオツネントンボの見分け方

オツネントンボとホソミオツネントンボの見分け方

オツネントンボホソミオツネントンボは似ているトンボだが,次のような特徴から見分けることができる.

  • オツネントンボの特徴
    • 静止時に前翅と後翅の縁紋が重ならない.
    • 越冬後、体色の変化はなく常に褐色.
  • ホソミオツネントンボの特徴
    • 静止時に前翅と後翅の縁紋が重なる.
    • 越冬後,体色が青く変化する(主にオス,まれにメスも).

個別ページ

見分け方に関連するページ

両生類

爬虫類

鳥類

昆虫

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 にもどる