「オナジマイマイ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]…」)
 
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[コハクオナジマイマイ_広島大学東広島キャンパス|コハクオナジマイマイ]]
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[オナジマイマイ_広島大学東広島キャンパス|オナジマイマイ]]
  
[[ファイル: 20210714コハクオナジマイマイ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_232839s.jpg|250px|thumb|right|ブロッコリーを食害するコハクオナジマイマイ.色帯の入る個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2021)]]
+
[[ファイル: 20210723オナジマイマイ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_235946s.jpg|250px|thumb|right|オナジマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 23, 2021)]]
[[ファイル: 20200627コハクオナジマイマイ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_127344s.jpg|250px|thumb|right|コハクオナジマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 27, 2020)]]
 
  
=コハクオナジマイマイ(広島大学東広島キャンパス)=
+
=オナジマイマイ(広島大学東広島キャンパス)=
 
==和名==
 
==和名==
*コハクオナジマイマイ
+
*オナジマイマイ
  
 
==学名==
 
==学名==
31行目: 30行目:
 
*武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.
 
*武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.
 
----
 
----
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[コハクオナジマイマイ_広島大学東広島キャンパス|コハクオナジマイマイ]]
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[オナジマイマイ_広島大学東広島キャンパス|オナジマイマイ]]
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

2021年8月18日 (水) 14:03時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オナジマイマイ

オナジマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 23, 2021)

オナジマイマイ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • オナジマイマイ

学名

  • Bradybaena similaris

分類

  • オナジマイマイ科 Bradybaenidae

分布

  • 日本各地(東南アジアから移入).

解説

  • 殻径15 mmほどのカタツムリ.
  • コハクオナジマイマイに似るが,体色は全体的に茶褐色.
  • ウスカワマイマイにも似るが,体層は大きく発達しない.
  • 赤い色帯の入る個体もいる.
  • 人家周辺や人里などに生息し,農耕地で数が多い.
  • 東広島キャンパス内での個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オナジマイマイ