オンブバッタ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年7月11日 (日) 03:07時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オンブバッタ

オンブバッタ成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2018)

オンブバッタ(広島大学東広島キャンパス

和名

学名

  • Atractomorpha lata

分類

  • オンブバッタ科 Pyrgomorphidae

分布

  • 日本全土

解説

  • オスがメスの体の上に乗る姿がよく観察され,それが和名の由来となった.
  • 南西諸島にのみ分布していた近縁種のアカハネオンブバッタが近年本土に侵入し,近畿地方の各県で見られるようになった.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > オンブバッタ