「ギンヤンマ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
31行目: 31行目:
 
==備考==
 
==備考==
 
*[[広島県の昆虫]]
 
*[[広島県の昆虫]]
*[[ギンヤンマ_東広島キャンパス|ギンヤンマ]]
+
*[[ギンヤンマ_東広島キャンパス|広島大学東広島キャンパスのギンヤンマ]]
  
 
==参考文献==
 
==参考文献==

2016年5月20日 (金) 19:24時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ギンヤンマ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

羽化直後のギンヤンマ成虫.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, May 19, 2016)

ギンヤンマ Anax parthenope julius

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > トンボ目 Odonata > 不均翅亜目 Anisoptera > ヤンマ科 Aeshnidae > ギンヤンマ属 Anax > ギンヤンマ(種) Anax parthenope > ギンヤンマ(亜種) Anax parthenope julius

解説

  • 日本全国に分布.
  • 各地でもっとも普通に見られるヤンマ科の一種.
  • オスは腹部第2~3節に水色の斑紋をもつ.メスは斑紋が黄褐色の個体が多いが,オスのように水色の個体も見られる.
  • 同属種とは前額の斑紋,オスの尾部付属器,メスの尾毛の形状で区別する.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

更新履歴

2016.05.20 ページ作成.


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ギンヤンマ | 広島県の動物図鑑 / 和名順