クマゼミ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年8月9日 (月) 15:59時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クマゼミ

クマゼミの成虫(メス).本土のセミでは最大級の大きさを誇る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 2, 2019)
羽化中のクマゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 24, 2021)

クマゼミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Cryptotympana facialis

分類

  • セミ科 Cicadidae

分布

  • 西日本から東海地方,関東南部

解説

  • 大型で黒いセミ.
  • 近年北上している昆虫の代表例.
  • 都市部を中心に多く見られ,キャンパスでは街路樹に多く樹林地に少ない.
  • 午前中に「シェンシェンシェン…」と鳴く.
  • 東広島キャンパスでは,7月頃から鳴き始める.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クマゼミ