コブシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年3月16日 (火) 07:25時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (→‎特徴)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
コブシ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2017)
コブシの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2017)

コブシ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名

学名

  • Magnolia kobus DC.

分類

  • モクレン科 Magnoliaceae

分布

  • 北海道から九州,国外では済州島に分布.

広島大学東広島キャンパスでの花期

  • 3月

特徴

  • 3月頃,展葉に先立って開花する.普通は花の基部に小型の若葉が1枚つくことで,同属のタムシバと区別できる.
  • 果実は成熟すると赤紅色になる.コブシの仲間は集合果をもつものが多く,扁平状~球形の袋果(たいか)が複数個結合した状態.
  • 和名の由来には諸説あるが,和名の「コブシ」がそのまま学名と英名になっている.
  • 東広島キャンパスでは,中央図書館前や総合科学部周辺に植栽されている.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分類

分布

开花季节

解説

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > コブシ