セミノハリセンボン 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年10月12日 (火) 01:40時点におけるStudent03 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > セミノハリセンボン

セミノハリセンボン.アブラゼミに発生している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Sep. 8, 2021)

セミノハリセンボン(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • セミノハリセンボン

学名

  • Isaria takamizusanensis

分類

  • ノムシタケ科 Cordycipitaceae

解説

  • セミの死骸から針状に発生する冬虫夏草のきのこ.
  • 東広島キャンパスではアブラゼミによく見られる.
  • 東広島キャンパスでは年により発生数が多い.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > セミノハリセンボン