「チッチゼミ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
19行目: 19行目:
  
 
==解説==
 
==解説==
*[[アカマツ]]林などの樹上で「チッチッチッチ…」と鳴く.
+
*[[アカマツ]]や[[ネズミサシ]]など針葉樹の樹上で「チッチッチッチ…」と鳴く.
 
*産卵は[[コバノミツバツツジ]]や[[ネジキ]],[[アセビ]]などツツジ類の生枝に行う.
 
*産卵は[[コバノミツバツツジ]]や[[ネジキ]],[[アセビ]]などツツジ類の生枝に行う.
 
*中胸背面に一対の黄斑があり,静止時後翅が前翅の隙間から角状に飛び出すことなどが特徴.
 
*中胸背面に一対の黄斑があり,静止時後翅が前翅の隙間から角状に飛び出すことなどが特徴.

2021年10月18日 (月) 13:16時点における最新版

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > チッチゼミ

チッチゼミの成虫(オス).「チッチッチッチ・・・」と単調に鳴く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 4, 2019)
アカマツの高枝で鳴くチッチゼミの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 15, 2020)
チッチゼミの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 30, 2021)

チッチゼミ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Kosemia radiator

分類

  • セミ科 Cicadidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • アカマツネズミサシなど針葉樹の樹上で「チッチッチッチ…」と鳴く.
  • 産卵はコバノミツバツツジネジキアセビなどツツジ類の生枝に行う.
  • 中胸背面に一対の黄斑があり,静止時後翅が前翅の隙間から角状に飛び出すことなどが特徴.
  • 東広島キャンパスでは,9月下旬頃から鳴き始める.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > チッチゼミ