ツチグリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年12月1日 (水) 12:21時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ツチグリ

ツチグリ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 22, 2021)
ツチグリ(広島県広島市東区福田町; 撮影: 岩﨑元道, Feb. 16, 2020)

ツチグリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ツチグリ
  • ツチガキ

学名

  • Astraeus hygrometricus

分類

  • ディプロキスティス科 Diplocystidiaceae

分布

  • 編集中

解説

  • 幼菌時は外皮に包まれている.
  • 内皮頭頂には穴が空き,刺激によってホコリタケのように胞子を噴き出す.
  • 特徴的な形状の外皮は,湿度によって開閉する.
  • 幼菌のみ食用にされる.
  • 外皮は硬質で、残存しやすい.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ツチグリ