トビモンオオエダシャク

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年3月3日 (水) 10:39時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > トビモンオオエダシャク | 広島県の動物図鑑 / 和名順

トビモンオオエダシャクの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 28, 2021)
トビモンオオエダシャクの成虫(オス).春先に出現する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 21, 2020)
トビモンオオエダシャクの成虫(オス)(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Mar. 28, 2018)
トビモンオオエダシャクの成虫(メス).オスに比べると大型で翅の模様が不明瞭.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 27, 2020)
トビモンオオエダシャクの幼虫の顔.猫耳のような突起がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 11, 2019)

トビモンオオエダシャク Biston robustus robustus

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > チョウ目 Lepidoptera > シャクガ科 Geometridae > トビモンオオエダシャク Biston robustus robustus

解説

  • 年1化.
  • 2~5月の早春だけ見られるエダシャク.初夏前には姿を消す.
  • 翅を開いて止まる.
  • 食草は広食性で,多くの植物.

天然記念物・RDB

  • 環境省:該当なし
  • 広島県:該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 東広島市教育委員会(編). 2016. 東広島市の蛾類. 168 pp. 東広島市教育委員会, 東広島市.

更新履歴

  • 2018.07.10 ページ作成.
  • 2019.08.16 幼虫の写真を追加.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > トビモンオオエダシャク | 広島県の動物図鑑 / 和名順