「ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(2人の利用者による、間の7版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の爬虫類]] > [[ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の爬虫類]] > [[ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]]  
  
  
 
=ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方=
 
=ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方=
 
==解説==
 
==解説==
 +
*[[ニホンヤモリ]]と[[タワヤモリ]]は外見上よく似ているが,いくつか識別点がある.
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 
ファイル:20160112タワヤモリとニホンヤモリの比較_大川撮影_IMGP0133.JPG|200px|thumb|right|ニホンヤモリ(上)とタワヤモリ(下)の比較.タワヤモリの方がやや体色が濃い.ニホンヤモリの尾にはW字型の模様が出ることが多い.(撮影: 大川博志, Jan. 20, 2015)
 
ファイル:20160112タワヤモリとニホンヤモリの比較_大川撮影_IMGP0133.JPG|200px|thumb|right|ニホンヤモリ(上)とタワヤモリ(下)の比較.タワヤモリの方がやや体色が濃い.ニホンヤモリの尾にはW字型の模様が出ることが多い.(撮影: 大川博志, Jan. 20, 2015)
 
ファイル:タワヤモリとニホンヤモリの比較(尾)_池田作成_1501_6473.JPG|200px|thumb|right|タワヤモリとニホンヤモリの比較(尾).タワヤモリは体色が濃く,尾の斑紋が顕著(写真左).ニホンヤモリの尾にはW字型の模様が出ることが多い(写真右).(撮影: 池田誠慈, タワヤモリはDec. 18, 2015. ニホンヤモリはJun. 15, 2015)
 
ファイル:タワヤモリとニホンヤモリの比較(尾)_池田作成_1501_6473.JPG|200px|thumb|right|タワヤモリとニホンヤモリの比較(尾).タワヤモリは体色が濃く,尾の斑紋が顕著(写真左).ニホンヤモリの尾にはW字型の模様が出ることが多い(写真右).(撮影: 池田誠慈, タワヤモリはDec. 18, 2015. ニホンヤモリはJun. 15, 2015)
 
ファイル:タワヤモリとニホンヤモリの比較(胴背面)_池田作成_1503_6454.JPG|200px|thumb|right|タワヤモリとニホンヤモリの比較(胴背面).タワヤモリが均一な鱗のみが並ぶのに対し(写真左),ニホンヤモリは大型の顆粒状鱗(かりゅうじょうりん)が交じる.クリックして拡大画像.(撮影: 池田誠慈, タワヤモリはDec. 18, 2015. ニホンヤモリはJun. 15, 2015)
 
ファイル:タワヤモリとニホンヤモリの比較(胴背面)_池田作成_1503_6454.JPG|200px|thumb|right|タワヤモリとニホンヤモリの比較(胴背面).タワヤモリが均一な鱗のみが並ぶのに対し(写真左),ニホンヤモリは大型の顆粒状鱗(かりゅうじょうりん)が交じる.クリックして拡大画像.(撮影: 池田誠慈, タワヤモリはDec. 18, 2015. ニホンヤモリはJun. 15, 2015)
 +
</gallery>
 +
*[[ニホンヤモリ]]は尾の付け根の両側に側肛疣(そっこうゆう)という,いぼ状構造の大型鱗を2~4対もつ.オスのものはメスより大きい.[[タワヤモリ]]の側肛疣は1対のみ.やはりオスのものはメスより大きい.
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル:ニホンヤモリ雌雄の比較(背面)池田作成IMG_1501_1925.JPG|200px|thumb|right|ニホンヤモリの雌雄の比較(背面).オス(写真左)は尾の付け根が大きく膨らみ,側肛疣(そっこうゆう)が大きく発達する.メス(写真右)は膨らみがなく側肛疣が発達しない.ニホンヤモリの尾にはW字型の模様がある.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, オスはJun. 15,2015. メスはJun. 28, 2015)
 +
ファイル:ニホンヤモリ雌雄の比較(側面)池田作成IMG_1502_1921.JPG|200px|thumb|right|ニホンヤモリの雌雄の比較(側面).オス(写真上)は尾の付け根が大きく膨らみ,側肛疣(そっこうゆう)が大きく発達する.メス(写真下)は膨らみがなく側肛疣が発達しない.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, オスはJun. 15,2015. メスはJun. 28, 2015)
 +
ファイル:タワヤモリ雌雄の比較(背面)池田作成IMG_6449_6454.JPG|200px|thumb|right|タワヤモリの雌雄の比較(背中).オス(写真左)は尾の付け根が大きく膨らみ,側肛疣が発達する.メス(写真右)は膨らみがなく側肛疣はオスほど発達しない.雌雄ともに側肛疣は1対(写真ではメスの右側の側肛疣は右後肢に隠れている).尾にはW字形の模様は出ない.(広島県三原市; 撮影: 池田誠慈, Dec. 18, 2015)
 +
ファイル:タワヤモリ雌雄の比較(側面)池田作成IMG_6448_6456.JPG|200px|thumb|right|タワヤモリの雌雄の比較(側面).オス(写真上)は尾の付け根が大きく膨らみ,側肛疣(そっこうゆう)(白矢印)が大きく発達する.メス(写真下)は膨らみがなく側肛疣(白矢印)が発達しない.雌雄ともに側肛疣は1対.(広島県三原市; 撮影: 池田誠慈, Dec. 18, 2015)
 
</gallery>
 
</gallery>
  
 
==見分け方に関連するページ==
 
==見分け方に関連するページ==
{{テンプレート:両生類爬虫類の見分け方}}
+
===両生類===
 +
{{テンプレート:カエルの見分け方}}
 +
 
 +
===爬虫類===
 +
{{テンプレート:爬虫類の見分け方}}
 +
 
 +
===鳥類===
 +
[[ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方|ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方]]
 +
 
 +
==[[県央に自然史博物館がやってくる]]==
 +
[[ファイル:14-kikakuten-omote-dai.jpg|300px|link=https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~humuseum/img/event-poster/14-kikakuten-omote-dai.jpg]]
 +
*夏休みに広島大学総合博物館の企画展が開催されます.
 +
*詳しくはこちら→[[第14回企画展 「県央に自然史博物館がやってくる!?」]]
  
 
==参考文献==
 
==参考文献==
20行目: 40行目:
  
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の爬虫類]] > [[ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の爬虫類]] > [[ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]]
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

2022年7月21日 (木) 11:13時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方 | 広島県の動物図鑑 / 和名順


ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方

解説

  • ニホンヤモリは尾の付け根の両側に側肛疣(そっこうゆう)という,いぼ状構造の大型鱗を2~4対もつ.オスのものはメスより大きい.タワヤモリの側肛疣は1対のみ.やはりオスのものはメスより大きい.

見分け方に関連するページ

両生類

爬虫類

鳥類

ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方

県央に自然史博物館がやってくる

14-kikakuten-omote-dai.jpg

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2021.05.28 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方 | 広島県の動物図鑑 / 和名順