ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年7月21日 (木) 11:13時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方 | 広島県の動物図鑑 / 和名順


ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方

解説

  • ニホンヤモリは尾の付け根の両側に側肛疣(そっこうゆう)という,いぼ状構造の大型鱗を2~4対もつ.オスのものはメスより大きい.タワヤモリの側肛疣は1対のみ.やはりオスのものはメスより大きい.

見分け方に関連するページ

両生類

爬虫類

鳥類

ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方

県央に自然史博物館がやってくる

14-kikakuten-omote-dai.jpg

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2021.05.28 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ニホンヤモリとタワヤモリの見分け方 | 広島県の動物図鑑 / 和名順