ヒメイワタケ

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年6月24日 (木) 16:41時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 地衣類 > 地衣類の分類 > ヒメイワタケ | 和名順 / 学名順

ヒメイワタケ(廿日市市宮島町; 撮影: 松坂啓佑, Apr. 24, 2020)

ヒメイワタケ Umbilicaria kisovana

シノニム

その他

分類

子嚢菌門 ASCOMATA > チャワンタケ亜門 Pezizomycotina > チャシブゴケ綱 Lecanoromycetes > チャシブゴケ目 Umbilicariales > ウメノキゴケ科 Umbilicariaceae > ウメノキゴケ属 Umbilicaria > ヒメイワタケ Umbilicaria kisovana

旧分類

子嚢菌類 > レカノラ目 > イワタケ科 > イワタケ属 > ヒメイワタケ

解説

  • 冷温帯から暖温帯の山地の岩上に生育する.
  • 地衣体は葉状かつ単葉.径1-2 cm.背面は暗褐色.裂芽などはなく平滑で光沢がある.腹面は黒褐色.腹面中央の臍状体で基物に着生する.
  • 共生藻は緑藻.
  • ジロフォール酸を含む.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 国内では北海道,本州,四国,九州.

産地

  • 宮島,三段峡.

天然記念物・RDB

標本

文献(出典)

備考

参考文献

  • 山本好和. 2017. 「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 630種 - 携帯版. 310 pp. 三恵社, 名古屋.
  • 山本好和. 2018. 「木毛」ウォッチングのための手引き 上級編 日本の地衣類 Lichens of Japan - 日本産地衣類の分類体系と地衣類チェックリスト Taxonomic Systematics & Checklist of Japanese Lichens 2018 - 2018.86 pp. 地衣類ネットワーク,寝屋川市.
  • 吉村 庸. 1974. 原色日本地衣植物図鑑. 349 pp. 保育社, 大阪.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 地衣類 > 地衣類の分類 > ヒメイワタケ | 和名順 / 学名順