「ヒメハルゼミ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
31行目: 31行目:
  
 
==文献(引用)==
 
==文献(引用)==
 +
*税所康正.  2019.  セミ ハンドブック.  112 pp.  文一総合出版, 東京.
 +
*林正美・税所康正.  2015.  日本産セミ科図鑑, 改訂版  221 pp.  誠文堂新光社, 東京.
  
 
----
 
----

2020年11月20日 (金) 23:59時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ヒメハルゼミ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ヒメハルゼミ(オス).羽化直後の個体.(広島県広島市安佐北区; 撮影: 佐藤祐輔, Jul.8, 2020)

ヒメハルゼミ Euterpnosia chibensis chibensis

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > カメムシ目 Hemiptera > セミ上科 Cicadoidea > セミ科 Cicadidae > セミ亜科 Cicadinae > ヒグラシ族 Cicadini > ヒメハルゼミ属 Euterpnosia > ヒメハルゼミ Euterpnosia chibensis

解説

  • 本州(関東以西)から奄美大島周辺の島々にかけて分布.
  • シイやカシなどの常緑広葉樹林に生息する.

天然記念物・RDB

  • 環境省RDB:なし
  • 広島県RDB(2011):準絶滅危惧種(NT)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

文献(引用)

  • 税所康正. 2019. セミ ハンドブック. 112 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 林正美・税所康正. 2015. 日本産セミ科図鑑, 改訂版 221 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ヒメハルゼミ| 広島県の動物図鑑 / 和名順