「ホウロクイチゴ 宮島の植物と自然」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
12行目: 12行目:
 
「宮島の植物と自然」([[広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所_2009|広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009]])内で掲載されているページ.
 
「宮島の植物と自然」([[広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所_2009|広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009]])内で掲載されているページ.
 
* 102-103 pp.
 
* 102-103 pp.
 +
 +
{{テンプレート:宮島自然植物実験所_宮島の植物と自然:宮島自然植物実験所園内のおもな植物}}
  
 
== 文献(引用) ==
 
== 文献(引用) ==

2017年1月20日 (金) 20:45時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > シカの採食に耐える植物 > ホウロクイチゴ

ホウロクイチゴ Rubus sieboldii Blume

分類

バラ科 Rosaceae,キイチゴ属 Rubus

解説

 高さ0.5-1 mになる常緑低木. 日本産のキイチゴ属 Rubus の中では大型で,植物体全体が鋭い刺で覆われる.葉は互生で,大型で厚くてかたく,葉の上面の葉脈上に刺がある.花期は4月下旬-6月上旬.花は白色で,雄しべが多数.花弁は5枚でしわがある.果実は球形で,梅雨時期に紅色に熟し,やや甘みがあり,可食.日本の暖かい地域に分布する.南方系の植物で,宮島はその北限に近い.宮島では個体数が多く,道沿いや森林の縁など開けた明るい場所に普通に見られるが,本土側や他の島ではきわめて稀で個体数も少ない.和名は大きな葉を炮烙(ほうろく)(素焼きの平たい土鍋)に例えたとも,果実の形に由来するともいわれる.葉を神事に利用する.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 102-103 pp.

文献(引用)


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > シカの採食に耐える植物 > ホウロクイチゴ