「ヤマドリタケモドキ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの菌類]] > [[ヤマドリタケモドキ_広島大学東広島キャンパス|ヤマドリタケモドキ]]</span>
+
 
 +
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/ 広島大学デジタルミュージアム] > [[キャンパスまるごと博物館]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの菌類]] > [[ヤマドリタケモドキ_広島大学東広島キャンパス|ヤマドリタケモドキ]]
  
 
[[ファイル:20190622ヤマドリタケモドキ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0525s.JPG|200px|thumb|right|ヤマドリタケモドキ幼菌(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩崎元道, Jun. 22, 2019)]]
 
[[ファイル:20190622ヤマドリタケモドキ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0525s.JPG|200px|thumb|right|ヤマドリタケモドキ幼菌(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩崎元道, Jun. 22, 2019)]]
10行目: 11行目:
 
==和名==
 
==和名==
 
*ヤマドリタケモドキ
 
*ヤマドリタケモドキ
 
 
==学名==
 
==学名==
 
*''Boletus reticulatus''
 
*''Boletus reticulatus''
  
 
==分類==
 
==分類==
*イグチ科Boletaceae
+
*イグチ科 Boletaceae
 
 
==分布==
 
*編集中
 
  
 
==解説==
 
==解説==
*夏から秋にかけて主に広葉樹林の地上に発生し、大型になる.
+
*初夏,主に広葉樹林の地上に発生し,大型になるきのこ.
*幼菌の管孔は白く、成熟すると黄色になる.
+
*幼菌の管孔は白く,成熟すると黄色になる.
*老菌は褐色になる.
+
*幼菌時は食用になるキノコであるが,虫がつきやすく足が早いことに注意.
*食用になるキノコである.
+
*東広島キャンパスでは時期に発生数が非常に多い.
 +
*特徴の異なる複数の種が含まれているとされる.
  
 
==備考==
 
==備考==
33行目: 31行目:
  
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの菌類]] > [[ヤマドリタケモドキ_広島大学東広島キャンパス|ヤマドリタケモドキ]]</span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/ 広島大学デジタルミュージアム] > [[キャンパスまるごと博物館]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの菌類]] > [[ヤマドリタケモドキ_広島大学東広島キャンパス|ヤマドリタケモドキ]]
  
 
[[Category:菌類]]
 
[[Category:菌類]]
40行目: 38行目:
 
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:B]]
 
[[Category:B]]
[[Category:]]
+
[[Category:]]
 
[[Category:担子菌]]
 
[[Category:担子菌]]
 +
[[Category:ハラタケ綱]]
 
[[Category:イグチ目]]
 
[[Category:イグチ目]]
 
[[Category:イグチ科]]
 
[[Category:イグチ科]]
 +
[[Category:CSR]]

2021年10月6日 (水) 14:56時点における最新版

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケモドキ幼菌(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩崎元道, Jun. 22, 2019)
ヤマドリタケモドキ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩崎元道, Jul. 17, 2019)
ヤマドリタケモドキ老菌(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩崎元道, Jul. 17, 2019)
ヤマドリタケモドキ老菌(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩崎元道, Jul. 17, 2019)


ヤマドリタケモドキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ヤマドリタケモドキ

学名

  • Boletus reticulatus

分類

  • イグチ科 Boletaceae

解説

  • 初夏,主に広葉樹林の地上に発生し,大型になるきのこ.
  • 幼菌の管孔は白く,成熟すると黄色になる.
  • 幼菌時は食用になるキノコであるが,虫がつきやすく足が早いことに注意.
  • 東広島キャンパスでは時期に発生数が非常に多い.
  • 特徴の異なる複数の種が含まれているとされる.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ヤマドリタケモドキ