宮島で未確認のカエル

提供: 広島大学デジタル博物館
2016年4月15日 (金) 22:40時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島のカエル > 宮島で未確認のカエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順

広島県内に生息しているが宮島で未確認のカエル

宮島での両生類相については詳細な調査が必要である.以下に広島県内に生息しているが宮島で未確認のカエルを挙げる.

  • ニホンアカガエル Rana japonica
  • ナゴヤダルマガエル Pelophylax porosus brevipodus
  • ヌマガエル Fejervarya kawamurai
  • モリアオガエル Rhacophorus arboreus
  • カジカガエル Buergeria buergeri

解説

ニホンアカガエル
宮島島内,要調査.
ナゴヤダルマガエル
分布から外れ生育に適した環境もないことから宮島島内には生息していないと考えられる.
ヌマガエル
広島県では南部に分布が集中する.水田耕作とゆかりが強く,水田のない宮島に天然分布するか調査が必要である.
モリアオガエル
繁殖しているならばその卵塊がよく目立つため発見されて話題になっているはずであり,宮島には天然分布はしていないと考えられる.
カジカガエル
宮島には幼生のオタマジャクシが育つような大河川がないため生息していないと考えられる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島のカエル > 宮島で未確認のカエル | 広島県の動物図鑑 / 和名順