「広島県の哺乳類」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
(2人の利用者による、間の198版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の哺乳類]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]]> [[郷土の動物]] > [[広島県の哺乳類]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
  
 +
[[ファイル:20010304ホンシュウジカオス_廿日市市宮島町_池田撮影_DSCF0088.JPG|250px|thumb|right|ホンシュウジカのオス(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Mar. 4, 2001)|link=ホンシュウジカ]]
 +
[[ファイル:20190904ニホンイノシシ幼獣_廿日市市宮島町_池田撮影_IMG_48731s.JPG|250px|thumb|right|ニホンイノシシの幼獣(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 19, 2019)|link=ニホンイノシシ]]
 +
[[ファイル:20170605ホンドタヌキ夏毛_三原市沼田東町_池田撮影_IMG_19816.JPG|250px|thumb|right|ホンドタヌキ(夏毛).昼間,刈り取りの終わった麦畑に現れた.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 5, 2017)|link=ホンドタヌキ]]
 +
[[ファイル:20200610ニホンノウサギ01_東広島市鏡山_清水則雄撮影_IMG_8484s.JPG|250px|thumb|right|ニホンノウサギ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 清水則雄, Jun. 10, 2020)|link=ニホンノウサギ]]
  
= 広島県の哺乳類 =
+
=広島県の哺乳類=
広島県では,
+
分類体系は[[Ruggiero_et_al_2015|Ruggiero et al.(2015)]]に従った.広島県哺乳類談話会(2000)は,広島県から8目18科45種の哺乳類を紹介している.広島県レッドデータブック2011(レッドデータブックひろしま改訂検討委員会,2012)で確認されたリス(絶滅)やフジホオヒゲコウモリ,クロホオヒゲコウモリ,ヤマコウモリを加え,近年確認されている特定外来生物のアライグマを加えると広島県からは8目19科50種の記録があることになる(下記).広島県哺乳類談話会(2000)や広島県レッドデータブック2011での登録名などを()内に記した.
 +
==ウシ目(偶蹄目) Artiodactyla (2種)==
 +
===シカ科 Cervidae===
 +
*[[ニホンジカ|ニホンジカ(ホンドジカ.または,ホンシュウジカ) ''Cervus nippon centralis'']]
  
=== 在来種 ===
+
===イノシシ科 Suidae===
 +
*[[ニホンイノシシ|ニホンイノシシ(イノシシ) ''Sus leucomystax leucomystax'']]
  
=== 外来種 ===
+
==ネコ目(食肉目) Carnivora (12種) ==
* [[ヌートリア]]
+
===イヌ科 Canidae===
 +
*[[イヌ|イヌ(ノイヌ)''Canis lupus familiaris'']]
 +
*ニホンオオカミ ''Canis lupus hodophilax'' '''環境省RDB''':絶滅(EX),'''広島県RDB''':絶滅(EX)
 +
*[[ホンドタヌキ|ホンドタヌキ(タヌキ) ''Nyctereutes procyonoides viverrinus'']]
 +
*[[ホンドギツネ|ホンドギツネ(キツネ) ''Vulpes vulpes japonica'']]
  
== 解説 ==
+
===ネコ科 Felidae===
 +
*[[イエネコ|イエネコ(ノネコ)''Felis catus'']]
  
== 備考 ==
+
===イタチ科 Mustelidae===
* その他の広島県の動物
+
*ニホンカワウソ本州以南亜種 ''Lutra lutra nippon'' '''環境省RDB''':絶滅(EX),'''広島県RDB''':絶滅(EX)
** [[広島県の爬虫類]]
+
*[[ホンドテン|ホンドテン(テン) ''Martes melampus melampus'']]
** [[広島県の有尾類]]
+
*[[ニホンアナグマ|ニホンアナグマ(アナグマ) ''Meles anakuma'']]
** [[広島県のカエル]]
+
*[[ニホンイタチ|ニホンイタチ  ''Mustela itatsi'']]
** [[広島県の淡水産貝類]]
+
*[[シベリアイタチ| シベリアイタチ ''Mustela sibirica'']]
  
* 宮島の動物
+
===アライグマ科 Procyonidae===
** [[宮島の野鳥]]
+
*[[アライグマ|アライグマ ''Procyon Lotor'']] '''ノート''':特定外来生物
** [[宮島の爬虫類]]
 
** [[宮島のカエル]]
 
  
== 参考文献 ==
+
===クマ科 Ursidae===
* 広島哺乳類談話会(編). 2000. 広島県の哺乳類. 169 pp. 中国新聞社, 広島.
+
*[[ニホンツキノワグマ|ニホンツキノワグマ(ツキノワグマ)''Selenarctos thibetanus japonicus'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧I類(CR+EN)
 +
 
 +
==クジラ目 Cetacea (1種)==
 +
===ネズミイルカ科 Phocoenidae===
 +
*[[スナメリ|スナメリ '' Neophocaena phocaenoides'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧I類(CR+EN)
 +
 
 +
==コウモリ目(翼手目) Chiroptera (13種)==
 +
===オヒキコウモリ科 Molossidae===
 +
*[[オヒキコウモリ| オヒキコウモリ ''Tadarida insignis'']] '''環境省RDB''':絶滅危惧II類(VU), '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
 
 +
===キクガシラコウモリ科 Rhinolophidae===
 +
*[[ニホンコキクガシラコウモリ| ニホンコキクガシラコウモリ(コキクガシラコウモリ)''Rhinolophus cornutus cornutus'']]
 +
*[[ニホンキクガシラコウモリ| ニホンキクガシラコウモリ(キクガシラコウモリ)''Rhinolophus ferrumequinum nippon'']]
 +
 
 +
===ヒナコウモリ科 Vespertilionidae===
 +
*[[ニホンユビナガコウモリ|ニホンユビナガコウモリ(ユビナガコウモリ)''Miniopterus schreibersi fuliginosus'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[ニホンテングコウモリ|ニホンテングコウモリ(テングコウモリ)''Miniopterus schreibersi fuliginosus'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[ニホンコテングコウモリ|ニホンコテングコウモリ(コテングコウモリ) ''Murina silvatica'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[フジホオヒゲコウモリ|フジホオヒゲコウモリ(ヒメホオヒゲコウモリ)''Myotis fujiensis'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[モモジロコウモリ|モモジロコウモリ ''Myotis macrodactylus'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[クロホオヒゲコウモリ|クロホオヒゲコウモリ ''Myotis pruinosus'']] '''環境省RDB''':絶滅危惧II類(VU),'''広島県RDB''':絶滅危惧I類(CR+EN)
 +
*[[ヤマコウモリ|ヤマコウモリ ''Nyctalus aviator'']] '''環境省RDB''':絶滅危惧II類(VU),'''広島県RDB''':絶滅危惧I類(CR+EN)
 +
*[[アブラコウモリ|アブラコウモリ ''Pipistrellus abramus'']]
 +
*[[モリアブラコウモリ|モリアブラコウモリ ''Pipistrellus endoi'']] '''環境省RDB''':絶滅危惧II類(VU),'''広島県RDB''':絶滅危惧I類(CR+EN)
 +
*[[ヒナコウモリ|ヒナコウモリ ''Vespertilio superans'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU)
 +
 
 +
==ウサギ目 Lagomorpha (2種)==
 +
===ウサギ科 Leporidae===
 +
*[[ニホンノウサギ|ニホンノウサギ ''Lepus brachyurus'']]
 +
*[[アナウサギ|アナウサギ(カイウサギ) ''Oryctolagus cuniculus'']]
 +
 
 +
==サル目(霊長目) Primates (1種)==
 +
===オナガザル科 Cercopithecidae===
 +
*[[ホンドザル|ホンドザル(ニホンザル) ''Macaca fuscata fuscata'']]
 +
 
 +
==ネズミ目(齧歯目,げっ歯目) Rodentia (12種)==
 +
===ヤマネ科 Gliridae===
 +
*[[ヤマネ|ヤマネ ''Glirulus japonicus'']]
 +
 
 +
===ネズミ科 Muridae===
 +
*[[ヒメネズミ|ヒメネズミ ''Apodemus argenteus'']]
 +
*[[ホンドアカネズミ(アカネズミ)|ホンドアカネズミ(アカネズミ)''Apodemus speciosus speciosus'']]
 +
*[[ホンドスミスネズミ(スミスネズミ)|ホンドスミスネズミ(スミスネズミ)''Eothenomys smithi smithi'']]
 +
*[[ホンドハタネズミ(ハタネズミ)|ホンドハタネズミ(ハタネズミ)''Microtus montebelli montebelli'']]
 +
*[[ホンドカヤネズミ(カヤネズミ)|ホンドカヤネズミ(カヤネズミ)''Micromys minutus japonicus'']]
 +
*[[ハツカネズミ|ハツカネズミ ''Mus musculus'']]
 +
*[[ドブネズミ|ドブネズミ ''Rattus norvegicus'']]
 +
*[[クマネズミ|クマネズミ ''Rattus rattus'']]
 +
===ヌートリア科 Myocastoridae===
 +
*[[ヌートリア|ヌートリア ''Myocastor coypus'']]
 +
 
 +
===リス科 Sciuridae===
 +
*[[ムササビ|ムササビ ''Petaurista leucogenys'']]
 +
*[[ホンドモモンガ(ニホンモモンガ)|ホンドモモンガ(ニホンモモンガ)''Pteromys momonga'']]
 +
*ニホンリス ''Sciurus lis'' '''広島県RDB''':絶滅(EX)とされていたが,最近になって庄原市西城町で死体が1頭確認されている.
 +
 
 +
==トガリネズミ目 Soricomorpha (6種)==
 +
===トガリネズミ科 Soricidae===
 +
*[[ニホンカワネズミ(カワネズミ)|ニホンカワネズミ(カワネズミ) ''Chimarrogale platycephalus'']] '''広島県RDB''':絶滅危惧II類(VU) '''ノート''':''Chimarrogale himalayica platycephala''とする説もある.
 +
*[[ニホンジネズミ|ニホンジネズミ(ジネズミ) ''Crocidura dsinezumi'']] '''ノート''':亜種の分類が難しいため種に留める.
 +
 
 +
===モグラ科 Talpidae===
 +
*[[ミズラモグラ(ヒワミズラモグラ)|ミズラモグラ(ヒワミズラモグラ) ''Euroscaptor mizura'']] '''環境省RDB''':準絶滅危惧(NT) '''広島県RDB'''絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[アズマモグラ|アズマモグラ ''Mogera imaizumii'']] '''広島県RDB'''絶滅危惧II類(VU)
 +
*[[コウベモグラ|コウベモグラ ''Mogera wogura'']]
 +
*[[ヒミズ|ヒミズ ''Urotrichus talpoides'']]
 +
 
 +
==解説==
 +
*近年,旧モグラ目(食虫目)が単系統でないことが分かり,再分類の結果トガリネズミ亜目がトガリネズミ目へと昇格した.
 +
 
 +
 
 +
==ギャラリー==
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210602ニホンアナグマ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_216375s.jpg|250px|thumb|right|ニホンアナグマ.広島大学東広島キャンパスの発見の小径に現れた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 2, 2021)|link=ニホンアナグマ
 +
ファイル: 20210628アライグマ幼獣_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_225401s.jpg |250px|thumb|right|アライグマの幼獣(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2021)|link=アライグマ
 +
ファイル:20151224ヌートリア_三原市沼田東町_池田撮影_IMG_6647.JPG|200px|thumb|right|遊泳するヌートリア.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Dec. 24, 2015)|link=ヌートリア
 +
ファイル: 20160514スナメリの群れ_東広島市安芸津町沖_清水撮影 122737s.JPG|200px|thumb|right|スナメリの群れ(広島県東広島市安芸津町沖; 撮影: 清水則雄, May 14, 2016)|link=スナメリ
 +
</gallery>
 +
 
 +
==備考==
 +
*2017.07.07 学名に関しては,阿部ほか(2008)と[https://www.departments.bucknell.edu/biology/resources/msw3/ Mammal Species of the World, 3rd edition (MSW3)]で後日再確認する予定.
 +
 
 +
==関連ページ==
 +
{{テンプレート:郷土の動物}}
 +
 
 +
==参考文献==
 +
*阿部 永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明. 2008.  日本の哺乳類, 改定2版.  206 pp.  東海大学出版, 秦野.
 +
*広島哺乳類談話会(編). 2000. 広島県の哺乳類. 169 pp. 中国新聞社, 広島.
 +
*レッドデータブックひろしま改訂検討委員会(編).  2012.  広島県の絶滅のおそれのある野生生物 : レッドデータブックひろしま2011.  633 pp.  広島県, 広島.
 +
*Ruggiero, M. A., Gordon, D. P., Orrell, T. M., Bailly, N., Bourgoin, T., Brusca, R. C., Cavalier-Smith, T., Guiry, M. D. & Kirk, P. M.  2015.  A higher level classification of all living organisms.  PLoS ONE 10(4): e0119248.
 +
 
 +
==インターネットリソース==
 +
*Mammal Species of the World, 3rd edition (MSW3) https://www.departments.bucknell.edu/biology/resources/msw3/
 +
*日本のレッドデータ検索システム http://jpnrdb.com/index.html
 +
 
 +
==更新履歴==
 +
*2016.11.10 [[Ruggiero_et_al_2015|Ruggiero et al.(2015)]]に従い目の配列を変更した.
 +
*2017.06.08 [[Ruggiero_et_al_2015|Ruggiero et al.(2015)]]に従い科の配列を変更した.
 +
*2017.06.28 [[ホンドタヌキ]]の解説と写真を追加.
 +
*2017.07.07 日本レッドデータ検索システムなどを参照して和名と学名を再表記し,種の配列を学名のアルファベット順に再配列した.
 +
*2017.10.11 トガリネズミ目の学名をチェック.
 +
*2018.12.17 フジホオヒゲコウモリ,クロホオヒゲコウモリ,ヤマコウモリの3種を追加し,RDB対象種にカテゴリの追加をした.
 +
*2019.09.09 [[ニホンイノシシ]]の幼獣の写真を追加.
 +
*2019.09.15 [[ホンドザル|ホンドザル(ニホンザル)]]の解説を追加.
 +
*2020.06.11 [[ニホンノウサギ]]の解説と写真を追加.
 +
*2020.09.11 [[ニホンジカ|ニホンジカ(ホンシュウジカ)]]の異常角個体の写真を追加.
 +
*2021.06.08 [[ニホンアナグマ]]の写真を追加.
 +
*2021.06.23 [[スナメリ]]の動画を追加.
 +
*2021.06.29 [[アライグマ]]のページを作成.
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の哺乳類]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]]> [[郷土の動物]] > [[広島県の哺乳類]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
 
 
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

2021年11月1日 (月) 02:27時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の哺乳類 | 広島県の動物図鑑 / 和名順

ホンシュウジカのオス(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Mar. 4, 2001)
ニホンイノシシの幼獣(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 19, 2019)
ホンドタヌキ(夏毛).昼間,刈り取りの終わった麦畑に現れた.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 5, 2017)
ニホンノウサギ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 清水則雄, Jun. 10, 2020)

広島県の哺乳類

分類体系はRuggiero et al.(2015)に従った.広島県哺乳類談話会(2000)は,広島県から8目18科45種の哺乳類を紹介している.広島県レッドデータブック2011(レッドデータブックひろしま改訂検討委員会,2012)で確認されたリス(絶滅)やフジホオヒゲコウモリ,クロホオヒゲコウモリ,ヤマコウモリを加え,近年確認されている特定外来生物のアライグマを加えると広島県からは8目19科50種の記録があることになる(下記).広島県哺乳類談話会(2000)や広島県レッドデータブック2011での登録名などを()内に記した.

ウシ目(偶蹄目) Artiodactyla (2種)

シカ科 Cervidae

イノシシ科 Suidae

ネコ目(食肉目) Carnivora (12種)

イヌ科 Canidae

ネコ科 Felidae

イタチ科 Mustelidae

アライグマ科 Procyonidae

クマ科 Ursidae

クジラ目 Cetacea (1種)

ネズミイルカ科 Phocoenidae

コウモリ目(翼手目) Chiroptera (13種)

オヒキコウモリ科 Molossidae

キクガシラコウモリ科 Rhinolophidae

ヒナコウモリ科 Vespertilionidae

ウサギ目 Lagomorpha (2種)

ウサギ科 Leporidae

サル目(霊長目) Primates (1種)

オナガザル科 Cercopithecidae

ネズミ目(齧歯目,げっ歯目) Rodentia (12種)

ヤマネ科 Gliridae

ネズミ科 Muridae

ヌートリア科 Myocastoridae

リス科 Sciuridae

トガリネズミ目 Soricomorpha (6種)

トガリネズミ科 Soricidae

モグラ科 Talpidae

解説

  • 近年,旧モグラ目(食虫目)が単系統でないことが分かり,再分類の結果トガリネズミ亜目がトガリネズミ目へと昇格した.


ギャラリー

備考

関連ページ

参考文献

  • 阿部 永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明. 2008. 日本の哺乳類, 改定2版. 206 pp. 東海大学出版, 秦野.
  • 広島哺乳類談話会(編). 2000. 広島県の哺乳類. 169 pp. 中国新聞社, 広島.
  • レッドデータブックひろしま改訂検討委員会(編). 2012. 広島県の絶滅のおそれのある野生生物 : レッドデータブックひろしま2011. 633 pp. 広島県, 広島.
  • Ruggiero, M. A., Gordon, D. P., Orrell, T. M., Bailly, N., Bourgoin, T., Brusca, R. C., Cavalier-Smith, T., Guiry, M. D. & Kirk, P. M. 2015. A higher level classification of all living organisms. PLoS ONE 10(4): e0119248.

インターネットリソース

更新履歴


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の哺乳類 | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる