「薬になる植物と毒になる植物 宮島の植物と自然」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「{| class="wikitable" style="width:25%; background-color:#d1d1a5; text-align:left" |+ 薬になる植物と毒になる植物 |- | style="width:20em; text-align:center" |...」)
 
4行目: 4行目:
 
| style="width:20em; text-align:center" |種名|| style="width:8em; text-align:center" |冊子中のページ数
 
| style="width:20em; text-align:center" |種名|| style="width:8em; text-align:center" |冊子中のページ数
 
|-
 
|-
|[[_宮島の植物と自然|_宮島の植物と自然]]|| style="text-align:right"| pp.
+
|[[ヒメハギ_宮島の植物と自然|ヒメハギ]]|| style="text-align:right"| 107 p.
 
|}
 
|}
  

2015年4月28日 (火) 11:24時点における版

薬になる植物と毒になる植物
種名 冊子中のページ数
ヒメハギ 107 p.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 106-113 pp.

文献(引用)