Hikobia/Contents2-1

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年1月2日 (土) 16:41時点におけるInoue (トーク | 投稿記録)による版 (→‎HIKOBIA 2(1) (1960年発行)目次)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

HIKOBIA 2(1) (1960年発行)目次

Title Authors Page Note
The range of East-Asian plants [堀川芳雄: 東アジアにおける植物分布域の研究] Horikawa, Y. 1-2
宮崎県のエヒメアヤメ(Iris rossii Baker)について [Habitats of Iris rossii Baker in Miyazaki Prefecture] 平田正一 3-8
カミムラヤスデゴケの新産地 [New localities of Frullania nodulosa (R. B. N.) Nees in Japan] 関 太郎 8
四国におけるアカモノ群落について [On the communities of Diplycosia adenothrix Nakai in Shikoku ] 山本四郎 9-19
広島植物採集会 [The monthly foray of Hiroshima Botanical Club] 安藤久次 19
前・後立山山彙のフロラの相違と高山植物分布に関する一考察 [Difference of the floras between the Front and Behind Tateyamas, with reference to the distribution of alpine plants] 米山 穣 20-23
三段峡と八幡湿原 総合学術調査報告(1959) 堀川芳雄 23
地下器官の調査法について [Methods of study of the subterranean organ] 矢野悟道 24-31
ショクダイゴケ(新称)日本にも産す[Suzuki, H.: Splachnum ampullaceum Hedw. Found in Hokkaido, Japan] 鈴木兵二 31
三段峡峡谷斜面の蘚苔植物群落 [The bryophyte communities on stream-sides of the Sandankyo Gorge, Hiroshima Prefecture] 堀川芳雄・小竹 章 32-42
恐羅漢山のクロヅル群落 [On the Tripterygium regelii community on Mt. Osorakan] 佐々木好之 42-44
Porella vernicosa Lindb.(ニスビキカヤゴケ)の3亜種の分布と生態 [Ecological notes on the Porella vernicosa complex] 安藤久次 45-52
ツチガゴケとホンダゴケについて [On the identity of Tutigaea brachytheciella (Broth. et Par.) Ando Hondaella aulacophylla Dix. et Sakurai] 安藤久次 52-53
Collecting Sphagnum on Mt. Gassan, Yamagata Prefecture, northern Honshu [鈴木兵二: 山形県月山のミズゴケ類採集] Suzuki, H. 54-59
On some Japanese Desmids (2) [日出武敏: 日本産チリモ科断報(2)] Hinode, T. 61-64
国際植生図シンポジウムについて [Horikawa, Y.: Internationals Symposium über Vegetationskartierung vom 23~26, März 1959 in Stolzenau, Deutschland] 堀川芳雄 60
欧米の植物を訪ねて [Botanical travels in Europe and North America] 堀川芳雄 65-68

HIKOBIA目次


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / ヒコビア会のトップ | 植物 にもどる / Return to Top page of Hikobia